今までやった英語の勉強遍歴を書いてみた

こんにちは!くろもも です。

今回は私の英語の勉強遍歴や自分の人生の歩みを綴ってみたいと思います。

ブログの記事を書くにあたり、英語の勉強方法を一から書くのも考えてみたのですが、正直レベルや動機によってやること違うのと私自身が人に英語を教えたことはないで、ひとまず私のやってきた勉強方法や塾、サイトを書いてみたいと思います。

英語超上級者レベルの人だと参考にしづらい点もあるかと思いますが、私みたいな英語中級者レベルの勉強遍歴ってあまり書かれることないので、この投稿で皆様の英語学習の何らかのヒントになれば幸いです。

 

スキルレベル

一応スキルレベル感としては以下の通り。

大学入学時

TOEIC515点、上智の英語のクラスでは真ん中

よくいる早慶上智受験レベルの英語力

 

現在

大学在学時にTOEIC 850点取ったのが最高

非英語専攻だけど、英語圏で留学経験あり

読み書きでの実務経験があり、内部メールやチャットであれば普通に意思疎通は取れる

話すのは非ネイティブや英語講師となら意思疎通可能だが、ネイティブとは厳しい

多分CEFRのB2レベル(少なくともIELTSはそのレベル)

※IELTSはイギリス版TOEFLみたいな留学の選考などに使われる英語の試験のことです

 

典型的な英語好きな日本人レベルって感じですね

 

勉強遍歴

高校

ひたすら高校の授業の復習と河合塾行っていた記憶しかないです。

ただCD聞いてひたすらディクテーションやっていたおかげで、高校生の割には発音悪くなかった気がします。

高2の夏で英検2級取っていたので、どうせ上智入学するんなら推薦受けときゃ良かったと今更ながら思ってます。。(大体英検2級&評定平均が基準以上あれば、英語系の学科以外は推薦応募可能)

 

大学

大学1年生

大学入学したての頃、一回だけサイトで評価高かった日本人の英語の家庭教師にレッスンをお願いしました。

英語で話され大筋の話はわかったのですが話の意図がわからず、どういうことなのか質問したところため息を突かれながら日本語で話されたり、

上智なら外国人もいっぱいいるのに、何で君はそんな消極的なの?僕の息子とは違うな〜」と言われて、一気に英語恐怖症になってしまいました。。。

(今考えるとそんなの教師として良くない発言だと思いますし、そんな先生に会ったらその人の発言は鵜呑みにしなくていいと思います。)

あとは学科の勉強が普通に忙しくて、大学2年の夏頃まで特に英語の勉強してなかったです。

大学2年生

ただこのままだと不味いなと思ったので、夏休み期間中大学経由の短期留学で1ヶ月ほどNZにいきました。そこでは大学直営の語学学校で英語の授業を受けました。ホームステイだったので、ホストマザーとは英語でコミュニケーションとったものの、夏休み期間中は日本人の大学生が多いため、正直な話授業以外は日本語で話してしまうことが多かったです。 ただやっぱり海外生活は楽しかったし、自分の中でも英語のトラウマにはちょっと薄れてきたのは良かったと思います。

英語のテストのスコアが欲しかったため、TOEIC専門予備校に通いました。

エッセンスという学校です。TOEIC界隈だと割と有名なスクールだと思います。

www.essence.co.jp

TOEICは試験なのでテスト対策しつつ英語学習すれば、700〜800点台までは取れることは可能です。(もちろん本人の努力次第ですが)他の英語塾と比べてTOEICに特化しているので、短期間でTOEICのスコアだけで良いからあげる必要があるということであれば、ここが一番です。この塾に4ヶ月ほど通い大学1年時(1年次に英語の勉強はほぼしてない)TOEIC515点から、大学2年時には750点まであげることができました。

大学3年生

この頃から本格的に留学したいと思って、留学専門の予備校に通うことにしました。

www.agos.co.jp

 

リスニング・ライティング・リーディング・スピーキング全部の授業取っていました。私はIELTSコースだったのですが、IELTSの授業受けられる予備校が少なかったのでありがたかったです。それなりの金額とるだけあって面倒見良いですし、留学予備校行きたかったら、選択肢の1つとしてありだと思います。

交換留学ではないのでそこまでのスコアは求められなかったのですが、予備校通いの甲斐もあり、なんとか目標のスコアに達することができました。

 

留学

イギリスのロンドンに留学しました。現地の語学学校や大学・インターンなどしておりました。イギリスだと大体の授業で講義とゼミがあり、講義で話聞いてゼミで話たりすることがありました。

ただアメリカの大学と違い、クラスでの態度(ディスカッション内の発言など)は成績の対象には入らず、最後にあるテストやレポートなどが大学での評価の対象のため、日本人でも比較的単位は取りやすいかもしれません。私の場合は政治系の授業をとっていたので、語彙レベルが高くて読み書きでもそこそこ苦労しました。

ロンドンだと日本人も多いため日本人同士で固まったりしてしまったり、前述の大学の授業スタイルなどから積極的になれず英語を話さなかったのが心残りです。私自身はヨーロッパ地域に関する勉強をしていたのと「ヨーロッパ行ったことないから、行ってみたい!」という勢いで留学場所を選んでしまったのですが、アジア人や英語ができない人への差別がイギリスだとあるし物価が高い&飯がまずく病んでしまった感はあるので、留学する地域はよく考えた方が良いと思います。

しかし留学してからTOEICを受けてみたら、850点は取れたので留学経験が全くの無駄ではなかったのは不幸中の幸いでした。

インターン&就活

留学後にインターンのため、とある機関で英語の翻訳を行ってました。主に英語→日本語での訳でしたが、専門知識を使った仕事って良いなと思い始めました。

その一方でTOEIC850点ですと英語だけ武器にして就職するのは難しいですし、文系だと営業などの総合職になる可能性があったので、就活ではSE職を志望しました。

 就職

IT系の会社に新卒で入社しました。そこでは色々とあって、英語を使ったオペレーター系の仕事をしておりました。ビジネス英語やIT系の英語に実際に触れられたのはよかったです。ただ所詮オペレーター業。エンジニア経験は積めなかったので、エンジニア職で転職をしました。

転職先では直接仕事で英語は使うことはありませんが、IT系の英語の動画やドキュメントは読むようにして、これからも英語力を維持していければと思います。

 

勉強してみて、英語の学習で役立ったこと

とにかく英語で見たり聞く

英語の教科書だけ見てもつまらないですし、英語の上達も見込めないので、エンジニアの方はIT系の動画やドキュメントを英語で見てみるのが実務でも役立ちますしオススメです。

スタックオーバーフローなどのQ&Aサイトだと質問と答えが書いてあって、そこまで量も多くないですし、初心者には良いのではないかと思います。

stackoverflow.com

 

またUdemyも全世界の人が視聴するため、動画内での英語も聞き取りやすいものが多く、リスニングの教材として良いです。

www.udemy.com

 

最近の私の勉強

前述のIT系の内容を英語で見るのも行ってます。

ただそれだと日常的な英会話は出てこないので、Amazon Primeの洋画などで英語を聞いたりしてます。映画を聞き取るのはなかなか難しいですが、英語が得意な人は洋画から勉強している人が多いと感じてます。

 

あとはNiziUのリマちゃんに憧れていて、英語の歌を勉強しています。

英語の歌だとMarie DigbyさんやKaty Perryさんが、ポップな曲調で比較的歌いやすかなと思います。

youtu.be

youtu.be

 

最終的にはscatmanの英語ラップ出来るようになりたいですw

youtu.be

最後に

何だかつらつらと私の英語の勉強遍歴を書いてしまいましたが、中途半端なレベルなのでこれからも細々と勉強続けられればと思います。皆さん一緒に英語の勉強頑張りましょう!最後まで読んでくださり、ありがとうございました☆

AWS SAA保持者がAWS本を比べてみた

はじめに

f:id:blackpeach71:20210321171717p:plain

こんにちは!くろもも です。

今回は私が実際読んでみたAWSの本を評価してみようと思います。

私はUdemy+本+試験問題を使って、AWS SAAを勉強していました。

勉強始めた当時はオペレータの仕事をしており、インフラ/AWSの実務経験はなかったです。

AWS(特にSAA)を勉強する上で、どの本が役に立ったかどうか、総評していきたいと思います。

 

初心者・中級者・上級者向けの内容ごとに分けて紹介いたします。

★〜★★★★★の5段階評価で、独断と偏見でオススメ度を示したいと思います。

・評価基準

★☆☆☆☆ 買う必要なし

★★☆☆☆ いまいち

★★★☆☆ 普通

★★★★☆ 役立った

★★★★★ AWS勉強するなら購入すべき

 

初心者向け

図解即戦力 Amazon Web Servicesのしくみと技術がこれ1冊でしっかりわかる教科書

オススメ度:★★★★★ AWS勉強するなら購入すべき

私はある程度AWSの勉強を始めてからこの本に出会ったのですが、AWSの勉強始めたら読むべき本だと思います。Azureと比べてAWSは独特な用語が多いので、初心者が勉強を始めるにあたって、独自用語・サービス名に面を食らうはずです。Amzonのレビューにもある通り、図が多く用語の解説に絞って書かれているので、まずはこれでAWSの全体像を知るといいと思います。初心者なら買いです。

中級者以上だと用語解説中心なので、すでに知っているような内容が多く、費用対策効果が薄いかもしれません。(わかりやすいので、AWSサービスをざっと見たいというのなら良いかもです。)

Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築 改訂3版

オススメ度:★★☆☆☆ いまいち

ザックリとこの本の内容を説明すると「AWS上でWordPressを構築することによってサーバやネットワークを知ろう」という内容です。内容自体でいうと実機を動かして学べる良い教材だと思いますが、個人的にはUdemyの教材である「AWS:ゼロから実践するAmazon Web Services。手を動かしながらインフラの基礎を習得」の方がオススメです。

www.udemy.com

動画の方がわかりやすいですし、Udemyだと講師に質問もできます。本書も随所で図やキャプチャが載っていてAWSの構成をわかりやすく書かれていますが、初心者からすると本を見ながら構築するのは少し難易度が高いと思うので、似たような内容ならUdemyの方がいいかなと感じました。WordPressの構築が主な内容なので、中級者ならわざわざ購入する必要はないです。

 

中級者向け

Amazon Web Servicesクラウドデザインパターン設計ガイド 改訂版

オススメ度:★★★☆☆ 普通

コストやセキュリティなどの課題を解決するための設計を紹介していくという内容です。SAAはアーキテクトの資格であるので、実際に試験を解く際にもより良い設計を考える必要があるので、設計のパターンをざっと見れるのは良いと思います。

ただパターンについて最初の設計図以外は文字で説明されていて見づらかったり、実際に「こういう課題に対して設計を考えたい」などの具体的な課題がないと初心者だと漫然と見ることになりそうかなと感じました。以前はKindle Unlimitedで無料で見れたのですが、2970円というコスパを考えたら微妙かもしれません。

ホワイトペーパーAWSアーキテクチャーセンターとかでも、色々と設計図について紹介されていますね。

AWSではじめるLinux入門ガイド

オススメ度:★★★★☆ 役立った

AWSLinuxやりたい初心者なら、断然オススメです。キャプチャも多く、内容分かりやすいです。初心者の方だとまずはLinux周りを勉強するのはありかと思います。LinuxなのでEC2のことだけかなと思ったら、他のAWSサービスやDocker・DBなどの技術が学べるので、内容として思ったより濃かったです。SAAの勉強だとちょっと蛇足かもしれませんが、AWSのインフラ周りを勉強したいというなら、内容がまとまっているので買いかと思います。

この1冊で合格! AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト テキスト&問題集

オススメ度:★★★★★ AWS勉強するなら購入すべき

AWS SAA頻出のサービスが網羅しててわかりやすいです。クラウドは基本ネットでの情報収拾が主流ではありますが、試験対策でざっと試験範囲が確認できるのは非常に助かりますね。図も載っていてSAA対策ではわかりやすい内容だと思います。

あえて難点を挙げるとしたら、C-02以降に出たサービスについてはネットで確認が必要なのと、模擬試験が1回分しかないので他に購入する必要がある点でしょうか。

2021/3/31時点ではKindle Unlimitedで無料で見ることができます。

 

 上級者向け

要点整理から攻略する『AWS認定 セキュリティ-専門知識』

オススメ度:★★★★☆ 役立った

スペシャリティの内容じゃん。SAAに必要なくね?」と思うかもしれませんが、SAAだとセキュリティも試験範囲です。私の場合実務経験がなかったので、練習問題を復習しながらセキュリティ周りは覚えていきました。しかしこの本だとAWSのセキュリティ知識が図を用いながら体系立てて書かれているので、勉強始めた初期段階で買えばよかったなと思いました。(私はSAA取る直前に購入しました...)

スペシャリティの内容なので主要サービスの所だけ、かいつまんで読むと良いのではと思います。実務経験がないとこういう所ってあまり気づかないので、個人的に読んでいて楽しかったです(笑)

まとめ

クラウド学習だと本を買うというよりは、ドキュメントや技術ブログを読むことが多いかと思いますが

①資格を取りたい

②資格に限らず、特定の技術を体系立てて学びたい

上記の場合はやはり本での勉強の方が軍配が上がるなと思いました。

 

今回紹介したのは6冊だけですが、こちらの内容が少しでも皆様の教材選びのお役に立てたら幸いです。

読んで下さりありがとうございました☆

AWS SAA C-02合格体験記(実機を使って勉強しよう)

はじめに

こんにちは!くろももです。

先日AWS SAA(C02)の試験に無事合格しました!私自身オペレーター業務が主で、あまりインフラやAWSの経験がない状態で勉強をはじめました。今回は特にIT初心者向けに、合格体験記を書きたいと思います。

なお「UdemyのこれだけでOK!や模擬試験をひたすら解きましょう!」といった内容は他のブログでも書かれていると思うので、「模擬試験云々の前に、そもそものインフラ用語がわからん!」、「模擬試験解いているけど、全然点数伸びない…」「試験に合格するだけではなく、実機触って実力をつけたい!」といった悩みも解決できる内容にしていきます。

(あくまでも問題集を丸暗記して短期間で取る方法ではなく、時間がかかるかもしれませんが実機を使って実践でも役に立つ方法をご紹介していきます。その点、ご了承ください。

また私が以前運営していたブログ記事をはてなブログで再喝したものとなっております。記事の内容は同じです。)

人物紹介

f:id:blackpeach71:20210131174835p:plain

AWS未経験(Udemyとかで多少触れたことある程度)

・オペレーター業務でインフラの実機を使った

 

実務経験なし。研修などでインフラ基礎を勉強したことあるが、あやふやな部分があった。

試験までの流れ

f:id:blackpeach71:20210321171340p:plain

・勉強期間 約3ヶ月間

・合計勉強時間 約300h

勉強時間の半分はUdemyやチュートリアルで手を動かしました。残り半分は本で用語を確認したり、UdemyやAWS WEB問題集で学習しようの問題集で、理解があやふやな所を潰していく感じでした。

試験難易度は?ITパスポートレベルって本当?

f:id:blackpeach71:20210321171530p:plain

私は入社前にITパスポートを取得しましたが、ITパスポートよりはSAAの方が難しいと思います。ITパスポート対策に「ITパスポート道場」という過去問サイトがあります。本番試験でも確か半分以上そのサイトと同じ問題がそのまま出るので、その内容をきちんとこなせば取れます。合格基準も60%なので結構ゆるいです。

その一方SAAも問題集や模擬試験がありますが、そっくりそのまま出題されることは少ないです。問題の答えではなくサービス内容を覚える必要があります。現役のエンジニアの人でも落ちているので、簡単な試験ではないです。ただ例えばLPICと比べて細かな内容(Linuxのオプションが問われるみたいな)は問われないので、人によってはSAAはベンダ資格の中では解きやすいと言われることもあります。

SNS上での他の人の意見も踏まえて、難易度は易しい順にこのような感じだと思います。(※個人差あります。)

ITパスポート< AWS SAA< LPICなどの他のベンダ資格

使用した教材

f:id:blackpeach71:20210321171717p:plain

インフラ・AWS用語を覚える(IT/AWS初心者向け)

私の場合AWS云々の前に、インフラ用語(ネットワークなど)に苦戦しました。IT経験がある人でもインフラの知識がない人は、こうした用語に面食らうと思います。ちょっとハード寄りではありますが、「インフラエンジニアの教科書」などでインフラの基礎から始めるとスムーズに進められそうと思いました。

インフラエンジニアの教科書

動画が良いということなら、Udemyの「AWS:ゼロから実践するAmazon Web Services。手を動かしながらインフラの基礎を習得」もAWSとインフラの基礎が学べる大変オススメの動画です。

AWS:ゼロから実践するAmazon Web Services。手を動かしながらインフラの基礎を習得

 

またいきなりSAA向けの教材だと用語などを理解するのが難しいので、まずはこちらの本で基礎のAWS用語を押さえるのも良いかと思います。

図解即戦力 Amazon Web Servicesのしくみと技術がこれ1冊でしっかりわかる教科書

AWSサービス・用語に触れる(受験者全員)

SAA受験する方なら、やはり「この1冊で合格!〜」と「これだけでOK!〜 」は試験を理解する上で、重要な教材になります。この2つの教材を使って、SAAレベルまでAWSサービスの理解を深めましょう。 

この1冊で合格! AWS認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト テキスト&問題集

これだけでOK! AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験突破講座(SAA-C02試験対応版)

 

AWSの公式の内容も見よう(受験者全員)

SAA用の教材を見るのは合格するためには必要ですが、AWSのサービスは日々アップデートされていくので、やはり公式の内容が一番確実です。BlackBeltとAWSドキュメントで主要サービスは目を通した方がいいかと思います。

BlackBelt(AWSサービス別資料)

 

BlackBeltで見るべき主要サービスはこちら↓

2回受験して得たAWS認定ソリューションアーキテクト(SAA)の教訓 | Developers.IO

Path:2回受験して得たAWS認定ソリューションアーキテクト(SAA)の教訓>SAAに必要なBlack Beltまとめ

 

AWSドキュメント

 

AWSで色々作って見よう(確実に合格したい人・業務で使いたい人・模擬試験で伸び悩んでいる人)

私の場合、AWSチュートリアルやQiitaの記事を見ながら実際に手を動かして、作りました。Udemyの「これだけでOK!〜」でも動画見ながら作れますが、ひとまずサービスに触れるために触る感じで、実際にそれがどういう風に使われるか・複数サービスの流れなどが個人的に掴みにくいと感じました。

そこでチュートリアルなどでハンズオンして実際にWEBアプリやWEBサイトを作ることで、流れがわかり理解を深めることができました。点数が伸び悩んでいたり、覚えられないという人は色々作成してみるのがオススメです。

アマゾン ウェブ サービス (AWS) の実践的チュートリアル

 

私が行ったチュートリアルの一例は以下の通りです。ご参考までに。

AWS で基本的なウェブアプリケーションを構築する

パーソナルウェブサイトをホスティングする – アマゾン ウェブ サービス (AWS)

問題集・模擬試験を解こう(受験者全員)

UdemyのSAA-C02版AWS SAAの模擬試験を買うのは、必須だと思います。C02から登場した新サービスの問題もありますし、難易度が高い問題に慣れていくのも重要です。実際にUdemy模擬試験レベルの難問が結構出た印象です。

【SAA-C02版】AWS 認定ソリューションアーキテクト アソシエイト模擬試験問題集(6回分390問)

 

ただここで注意していただきたいのは、高得点が出ないからといって何回も模擬試験を解き直すことです。AWSの問題は非公表で、模擬試験とそっくり同じ問題は他の試験と比べてそこまで出ないです。実際本番試験を解いていても、試験問題慣れしている人よりも実際に実機を触っている人を合格させたい試験なのかなと感じました。

私の模擬試験の得点率としては1周目3~4割、2周目4~7割ほとんど合格点に達することはなかったのですが、それでも合格することができました。一方でSNS等見ていると、何回も模擬試験を解き直して模擬試験では私より点数が高い人でも、実際の試験で落ちている方も散見されました。模擬試験を解くのと復習するのに4時間くらいかかるので、社会人の方だと模擬試験を受けるだけで1日が終わってしまいます。

模擬試験は多くても2~3周に留めて、得点率が芳しくなかった場合、実機を使って手を動かす作業をした方が良いです。問題集だけだと他の角度で質問されたら答えるのが難しいですが、実機を操作してたらその時を思い出しながら解けるので、他の角度から質問が出題されても対応できます。

また私の場合、「AWS WEB問題集で学習しよう」も利用していました。理由としてはUdemyの模擬試験だと65問出題されるのですが、AWS WEB問題集で学習しようは1セクション7問で隙間時間に解けたからです。Udemy模擬試験はほぼ難問のみしかないのですが、こちらは普通レベルの問題も混じっていて、本番試験に近い構成だったかなと思いました。

注意点としては問題が古い順なので、最初の方の問題は古い可能性があります。私はSAA#90~SAA#134まで一周解きました。(私が試験を受ける前までは#134までしかなかったのですが、更新して新しい問題が追加されている可能性があります。)大体正答率は5/7くらいでした。最後から解くといいんじゃないかなと思います。

AWS WEB問題集で学習しよう

 

合格体験記を読もう(受験者全員)

SAA-C02の受験経験者が増えてきたとはいえ、まだ他の試験と比べると実際の試験内容に関する情報が少ないと思います。そこで「AWS WEB問題集で学習しよう」の「みんなの合格記」がオススメです!実際に試験に出たサービスなど受験者の生の声が書いてあって、とても参考になりました。受験前に一読してみて下さい。

みんなの合格記

ちなみに上記の合格記をもとに、C02で新しく登場したサービスの概要を簡単にではありますが、まとめました。

【AWS SAA-C02】新しく登場したサービスの概要 - Qiita

試験の注意点

f:id:blackpeach71:20210321172836p:plain

試験の際、私が戸惑った点は以下の通りです。

・問題の難易度がバラバラ。私の場合は最初の方が難しくて、心が折れかけた。(人によっては後半にかけて難しくなったという意見もあったので、難易度はランダムだと思います。)後半で見たことある問題が出てきた。

・緊張して頭の中で構成を考えられず、ホワイトボードで構成図を整理して書いた。またペンのインクが途中から出にくくなり、時間のロスになった。

・日本語がよくわからなくて、途中で英語に切り替えた問題があった。

試験時間も2時間と長いですし、最後まで諦めないことも、試験に合格する上で大事な要素かと思います!

まとめ

f:id:blackpeach71:20210321172910p:plain

かなり長い内容になってしまいましたが、ここまでやれば確実に受かるし実力もつくと思います。(とはいえ私は転職活動も視野に入れてたため、結構やりこんだ方だと思います。どうしても時間の関係上全部を実施するのが難しければ、受験者全員の所だけは確実に押さえてください。)やはりクラウドは早く簡単に作れることが良いことなので、実際に実機にガンガン触ってみることをオススメします!

簡単ではないと思いますが、この内容を参考にしてくださったら幸いです。試験に合格できることを応援してます!

プロフィール

はじめまして、くろももと申します。

 

初投稿ということで

「私のプロフィール」と「このブログについて」

簡単にご説明したいと思います。

 

私のプロフィール

f:id:blackpeach71:20210131174835p:plain

上智大学卒業後、IT企業に入社。

配属先はインフラ系で、オペレーター業務に携わる。

単純作業をするオペレーター業務に危機感を感じ、AWS SAA取得後、転職して現在IT企業でインフラ/クラウドエンジニアとして勤務。

 

大学在学中にTOEIC850点を取得し、インターンや実務で英語の翻訳経験もあり。

海外旅行やアイドル(男女問わず)が好き。

 

このブログについて

主にこのブログではIT系の記事を投稿したいと思います。

すでにTwitterやQiitaは運営しているのですが、

Twitter→投稿できる文字数が少ない。

Qiita→技術的な知見しか基本的に投稿できない。(個人的な見解や技術にあまり関係ない内容は投稿しづらい)

上記のような理由により、投稿できる内容が限られていたので、今後はこのブログでざっくばらんにIT関連の記事を投稿できればと思います。

 

得意・好きな分野としては

クラウド/インフラ

・資格

・英語

・転職

のため上記の内容を中心に投稿します。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました!